メンズ脱毛を自分でしている友人

友人はひげが濃いのを気にしていて、自分でメンズ脱毛をしています。決してひげが人より濃いわけではないのですが、色が白い人なので、そったあとが目立ってしまうのです。ひげをそったあと、レーザーを当てる機械をつかっているのです。レーザーで目を痛めないよう、専用のサングラスのゴーグルをつけて使うそうです。多少の痛みがあるそうで、事前に氷で冷やしておき、少しずつ施術してはまた冷やします。毛根というのは一度焼いてもしばらくは残るそうで、繰り返して施術するのがコツだということでした。毛が生えてくる周期があるので、そこを狙って施術しています。多少手間がかかりますが、自分の家でできるので忙しい人にはいいかもしれません。でも、もしエステに行く時間があれば、プロの施術を受けたほうがリラックスしていいかもしれません。

毛深いタレントがメンズ脱毛

毛深いことでけっこう有名な男性タレントさんが、メンズ脱毛を試してみたとのことで、クリニックのサイトに掲載されていました。施術をするときにそのタレントさんは真っ黒に日焼けしてしまっていたそうで、まずは美白にするところから始めたそうです。というのは、レーザーを打つので、肌が黒すぎるとレーザーが毛に反応しないのだそうです。レーザーは黒いものに反応し、そこだけを焼くしくみですから、肌があまり黒いと全部に反応してしまうのだそうです。その男性タレントさんは、けっこう男前で知的なイメージなので、あまり毛深い印象がありません。でもスーツを着ていても腕の毛が袖からはみ出すくらいに濃いので、それをイメチェンしたかったとのことでした。今もクリニックのサイトで施術の様子が連載されている途中なのですが、私も見守るのが楽しみです。

メンズ脱毛でわきがの同時治療も

今は、男性でも脇毛が気になるのだそうです。確かに、イケメンの男性タレントさんなどは、わきの見える服を着ていても、そんなにボーボーに生えてはいない感じがします。薄いとは言わないまでも、汚らしくないように手入れをされているような印象です。メンズ脱毛では、女性の脱毛のようにつるつるに全部処理するのではなく、60%から70%減らすこともできるのだそうです。男性であまりつるつるだと、「この男の人、脱毛エステに行っているのかな…」とひいてしまう女性もいるのでしょう。ボーボーではなく、清潔感のある程度に手入れしておくのが大事なのかもしれません。そして同時に、追加オプションでわきがの同時治療も行っているクリニックがあります。30分ほどで、3回コースで2万円弱くらいの料金でした。男性らしさを失わない程度に手入れができるプランです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*